2015年11月02日

藤沢周平のおすすめ 三屋清左衛門残日録

藤沢周平の本は、

どの本もおすすめ、読んでおきたいランキングものです。


三屋清左衛門残日録について

『別冊文藝春秋』1985年夏季号から1989年新春号に連載され、
1989年に文藝春秋から単行本が刊行された。
1992年に文春文庫に収録されている(ISBN 978-4167192273)。



三屋清左衛門残日録のあらすじ、概要

三屋清左衛門は、用人として仕えた先代藩主の死去に伴い、新藩主に隠居を願い出て、
国元で隠居生活に入った。隠居の日々は暇になるかと思われたが、
実際には友人の町奉行が抱える事件や、知人やかつての同僚が絡む事件の解決に奔走することになる。
さらには、藩を二分する政争にも巻き込まれていく。
1993年(平成5年)に『清左衛門残日録』として、NHKで連続テレビドラマ化された。






posted by 藤沢周平、これは読んでおきたい5冊 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤沢周平 おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。